«  2013年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« 勉強会 | メイン | 糖尿病のマーカーと歯周病の関連性 »

2010年4月30日

インプラント 噛み合わせ治療のご相談は 大田区 池上 西 馬込 ヨシダ歯科ま で〜


ヨシダ歯科 インプラント 大田区
 





みなさん こんにちは!!

医療法人社団 ヨシダ歯科 院長、吉田松平です。

噛み合わせのお話になりますが、インプラントを行う場合、残っている歯の噛み合わせと、

インプラントの噛み合わせの調和をとることは、とても大事です。

残っている歯の噛み合わせが、悪い状態だと、せっかくかぶせた冠がとれてしまったり、

セラミックが割れてしまったり、また最悪の場合インプラント本体に悪い影響が出る場合も

あります。

もし、あまりにも噛み合わせが悪かったら、インプラントを行う前に、矯正を行う必要があります。

時間も費用もかかってしまいますが、長期の渡って良い状態が続き、インプラントも

ご自身の残りの歯も長持ちして、何回も治療を繰り返すことを考えるとメリットが大きいです。



ヨシダ歯科 院長 吉田松平

ヨシダ歯科
院長 吉田松平

http://www.yoshida-shika.com/
インプラント公式サイト

【経歴】
昭和62年.3
 日本大学松戸歯学部卒業
平成6年5.12
 ヨシダ歯科開業

【所属学会・研究会】
AAP会員
 米国歯周病学会会員
ICOI会員
ITIメンバー
日本臨床歯周病学会
 会員・認定医
日本歯周病学会会員
日本口腔インプラント学会会員
日本歯科審美学会会員
日本抗加齢医学会会員