«  2013年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« 藤本研修会〜 宿題はワックスアップ | メイン | 今日は矯正の研修会でした。。。 »

2010年2月21日

みなさん、こんばんは〜

今日はインプラント費用についてお話してみようと思います。


ヨシダ歯科 歯周病 インプラント 東京 大田区










先日、歯科のIT系の会社の営業さんと話す機会がありまして、そこでインプラントの治療費についての話がでました。

患者さんに、インプラントの適正価格をアンケートで聞いたところ

低で6万円  最高で9万円強との結果が出たとの事でした。

う〜ん、確かにインプラントは高い事は高いですが、ちゃんとしたインプラントを使って、きちんとやるとこの価格では機材費用も出ないですね。。。。。

でも、この価値観については凄くわかる気がします。

確かに保険治療で慣れた日本人にとって、一本20万円から30万円以上、治療費用にかかるのは常識とはかけ離れているのでしょう〜

こんなサイトをアメリカ在住の患者さんから教えていただきました。


アメリカの歯科治療比の平均的な値段がわかるサイト。。。

http://www.bracesinfo.com/dentalcosts/


これでみると、インプラントの埋入代金はほぼ日本と変わりがないようです。

ただし、他の治療費に関してはビックリする程開きがあるのが、見てもらえばわかります。

アメリカの治療費が高すぎるのか、日本の治療費が安すぎるのか.....

例をとってみると前歯神経をとる治療に関してもアメリカは相談料が8千円、治療費が6万円強、

日本だと神経をとって根の治療が終わるまでにかかる治療費が約6千円、3割負担として患者さんがはらう治療費は全部で2000円ちょっと、実際は同時進行で歯周病の治療やムシ歯の治療も同じ医院で行うので、値段はこれだけで済まない事がほとんどですが。。。

それにしても、この違いは凄すぎますね....

根の治療の専門医はマイクロスコープを使用して、一回にかける時間をすごくかけているので使っている機材の費用だけを考えてもその位はかかってしまうのは仕方がないとはおもいます。


インプラントは今の骨統合型の物が本格的に広まってきたのはここ10数年の事だと思います。

医療技術、材料、器具もそのまま海外から持ってきたため、当然値段も向こうのものをそのまま

もってきたのだと思います。

でも 6万円から9万円を保険治療費の自己負担金として考えれば、インプラントの実際の値段とあまりずれが無いのは偶然なのでしょうか??? 

なんかちょっとこじつけかもしれませんが、保険治療の感覚だとこの値段に落ち着くのかもしれませんね。。。


保険治療はこれだけお口の中の病気を広く浅く治療ができるシステムは、日本だけの様です。

とてもすばらしいことですが、現在ある治療方法の中で保険でできることがあまりにも少なすぎるのが問題です。。。

システムの抜本的な見直しの必要性をとても感じる今日この頃です。。。

今のままでは誰の得にもなってないですものね。。。

と 話はインプラントの話から脱線してしまいましたが、インプラントが高いのは人件費、手術の時間の費用、器材費(結構これが高い、しかもドリルなどは消耗品)、研修費、もろもろかかってしまいます。

今、韓国製品など性能も良くて安いインプラントも増えてきているのも事実ですが、なにか問題があったときのリカバリーのことを考えるとなかなか、導入するのは考えてしまいます。

とくに、10年以上たって、部品が無くなってしまったとかそういう事態になることを考えると、やはりデーターがきちんとしていて、会社自体もしっかりしているメーカーを選んでしまいます。


東京 大田区 池上 ヨシダ歯科
ヨシダ歯科 インプラント 大田区


ヨシダ歯科 院長 吉田松平

ヨシダ歯科
院長 吉田松平

http://www.yoshida-shika.com/
インプラント公式サイト

【経歴】
昭和62年.3
 日本大学松戸歯学部卒業
平成6年5.12
 ヨシダ歯科開業

【所属学会・研究会】
AAP会員
 米国歯周病学会会員
ICOI会員
ITIメンバー
日本臨床歯周病学会
 会員・認定医
日本歯周病学会会員
日本口腔インプラント学会会員
日本歯科審美学会会員
日本抗加齢医学会会員