2009年3月29日 - 2009年4月 4日 « トップへ » 2009年4月12日 - 2009年4月18日

2009年4月11日

ストローマンインプラントの特徴

・ 専門トレーニングを受けた医師のみが取り扱いできる。
 ⇒確かな技術をもった医師のみが施術できるという安心感があります。

・ 国内、国外問わずシェアが広いので、引越しなどの際、転院がしやすい。
 ⇒世界40ヶ国以上で使用されている、トップシェアブランドです。

・ インプラント体の形状・サイズが日本人のあごに適している。
 ⇒比較的コンパクトな形状なので、顎が小さい日本人に適しています。

・ 手術方式が一回法なので、骨とインプラントが結合した後の手術が必要ない。
 ⇒インプラント手術には1回法と2回法がありますが、基本的には1回法で行います。

・表面に最先端技術を使った特殊な加工をし、早ければ約6週間~12週間で
 骨がインプラントに結合します。

 ⇒表面にサンドブラストと酸処理を行って細かい凹凸をつくります。
  これによって、骨の細胞との結合が早く進みます。

安全、かつできるだけ早く噛めるような、治療を行います

安全、かつできるだけ早く噛めるような、治療を行いますインプラントの治療期間は患者さまの来院ペースや症状によっても異なりますが、当院ではできるだけ、スピーディな治療を心がけています。

カウンセリングをしっかり行うのは、後々、安全で、スピーディな治療を実現するためなのです。

ここでしっかりと治療計画を立て、歯周病などの手術にとってのリスクを取り除きます。
期間についても、カウンセリング時に患者さまのご希望を伺いますので、
一緒に考えていきましょう。

抜歯即時インプラントとは

当院ではご希望の方に抜歯即時インプラントを行っています。
(歯周病、骨が充分にないなど、症状によって不可能な場合もあります)

これは、抜いた日にインプラントを入れることができ、手術が一回で終了する方法です。
1回で固定させる為に高度な技術が必要ですが、当院ではご希望に応じて行っております。

多血小板療法で、骨の造成と傷の回復を早めます

多血小板療法で骨の造成と傷の回復を早めますインプラントの手術の際に多血小板療法(PRP)を用いて、安全確実な治療を行っています。

【多血小板療法】
血液中の血小板を高濃度に濃縮させ、骨の造成や傷の回復を早める方法です。
特に骨の造成が必要な患者さまの時には、かならずこの方法をとります。

人が怪我をしたときなどの、傷が治る過程において、止血のために血小板が傷口に集まります。
そして、血小板は数々の成長因子の放出し、自己再生を促します。

この性質を利用して、ご自身の血液から血小板の濃厚液を採取し、
手術の際に使用することで、傷の治る時間が早く確実になります。

患者さまご自身の血液が原料なので、アレルギー等の拒絶反応もなく非常に安全な治療法です。

手術は1回、が基本です。

当院では可能であれば、手術を1回で完了させるようにしています。

外科手術が1回で済みますので、患者さまの負担が少なくて済み、
また治療期間も短くなります。

ただ、骨が少ない方などの場合は、2回法になる場合もあります。

2009年4月 9日

天然の歯により近づける見た目も優れたインプラント

インプラントの症例
<治療前>
天然の歯により近づける見た目も優れたインプラント

<治療後>
天然の歯により近づける見た目も優れたインプラント

インプラントの術前と術後の写真です。
左の写真は左前歯を補うため、1本だけインプラントにしました。
以前なら、部分入れ歯やブリッジに頼るしかなく、周りの健康な歯を削ったり、金属のバネが目立ってしまいましたが、インプラントなら健康な歯を傷つけることなく、見た目もきれいな仕上がりを実感いただけます。

右の症例は前歯の歯並びを矯正で治した後、奥歯をインプラントにしました。
お口を開けても治療したところがわかないほど、きれいに仕上がっています。
自分の歯のようによく噛めると喜んでいただきました。

当院では骨の量が少なかったり、質が悪くて通常の方法では出来ないような難しい症例にも対応しております。どうぞお気軽にご相談ください。

2009年4月 8日

定期的なメンテナンスも、治療の一部です

せっかく高額の治療費をかけて手に入れたインプラントです。
末永く自分の歯のようにお使いいただくため、メンテナンスは大切な治療の一部です。

そのため、治療後も最低半年に一度の来院をお願いしています。
ベテランの衛生士がプロフェッショナルクリーニングを行い、更に院長が
かみ合わせに問題がないかをチェックさせていただきます。

2009年4月 7日

歯科の治療すべてが恐くてたまりません。良い方法はありますか?

不安があまりに強い方の場合は鎮静法をお勧めします。

鎮静法は全身麻酔とは異なり、うたた寝をしているような、あるいは、
ほろ酔い加減のような、不安や恐怖心が取れ、とてもリラックスした状態で
治療を受けることができる方法です。

ストレスがなくなり、ほとんどの場合痛みもなく、「いつの間にか治療が終わっていた」
という感じがします。

鎮静法には以下のような利点があります。

(1)気分が落ち着く 
(2)痛みなど治療中のことをよく覚えていない 
(3)治療時間が短く感じられる  

さらに精神的な緊張がやわらぐ事で血圧や心拍数も安定します。
治療中に吐き気を感じやすいかたは、吐き気を抑えることも可能です。

ごくごく軽い全身麻酔と考えてください。
落ち着いた気分になり、痛みなどの不快症状も残らず、治療時間が短く感じられるでしょう。
恐怖感を味わうことなく、とても楽に治療を受けるとこができます。

70歳を過ぎているのですが、何歳まで治療可能なのでしょうか?

全身状態が健康であれば、何歳でも可能だと考えております。
糖尿病や高血圧、心臓疾患等をお持ちのかたは、担当医師とご相談させて
いただく必要があります。

歯がないと困るので、手術後すぐに歯をいれることは可能ですか?

ブリッジタイプや入れ歯タイプの仮歯をいれることができますので、心配いりません。

インプラントの埋入の状態が良い場合、埋入する本数が多い場合、
入れ歯を固定するためにミニインプラントを使った場合など、その日に
プラスチック製の歯を入れる事が可能になる場合もあります。

また、これから抜歯をされてからインプラントを行う場合には、抜歯即時治療法で、
すぐにインプラントを埴立することも可能です。
骨や口内の状態によりますので、まずはカウンセリングでご希望をお伝えください。

2009年4月 6日

インプラントの治療費が高く、治療を迷っています。

確かに他の治療方法に比べると高額の治療費がかかってしまいます。
理由としてインプラント体の費用以外に、使用する器具が他の治療に比べて
格段に多く、使用するドリルなども、定期的に交換しております。

また、治療計画から治療にかかる時間も長くかかり経費も必然的に高くなってしまいます。
インプラントの費用は確かに高いですが、他の治療方法に比べると、
快適に噛め長期に安定することを考えると、十分もとがとれる治療方法だと思われます。

患者さまの口内の状態によっては、入れ歯や矯正治療が有効な場合もございます。
一緒に最良の治療法をみつけていきましょう。

患者さまに笑顔で帰って頂くことが、当院の目標です

患者さまに笑顔で帰って頂くことが当院の目標です小さなお子さまから高齢者の方まで、当院の待合室は、予約時間より少し早く来たり、治療後もくつろいでいらしたり、治療がない日も遊びに来たりする患者さまで、いつも和やかな雰囲気で満たされています。

歯科医院独特の薬品のにおいや、無機質な空間では、歯医者に行くのがおっくうになってしまいますよね。
当院はアロマの香りとやさしい色調の内装で、心地いいと思っていただける
空間づくりを心がけています。

治療計画はカウンセリングルームでプライバシーを守って、治療は最新技術でしっかりと、
その他の時間はのんびりくつろいでもらいたいと考えています。

当院は、みなさんが歯医者に行くことが楽しみになる、
リラックスして笑顔で帰っていける「癒しの歯医者さん」を目指しています。

自分の眼でたしかめた、安全で確かな最新技術を提供します

自分の眼でたしかめた、安全で確かな最新技術を提供しますインプラント技術は日進月歩進んでおります。
当院では、そうした日々進化する歯科技術を、常に研究しています。

インプラントの研修会は平成11年にITIコースを受講したのを皮切りに、100時間コース、船越歯周病学研修会、IPOIインプラントアドバンスコース、米国歯周病学会およびPRDなどの海外学会へ参加しています。
また、インプラントだけでなく矯正、補綴、歯内療法などの研修会への参加も積極的に行っております。

各種研修会への参加は、時間だけでなく費用もかかり、経営的にも
大変な面がありますが、医院の利益はサービス、技術の向上という形で
患者さまに還元するべきだと考えております。

新しい技術であるほど、その真偽は不確かなものです。

偏った知識や技術を習得するのではなく、患者さまの身体を第一に考えたとき、
リスクがなく、患者さまにとってどんな治療が最適なのか、幅広い知識と、それぞれの治療分野における最新技術を習得し、総合的な観点から治療を行っていきたいと考えています。

また、専門性の高い矯正治療は、日本成人矯正歯科学会の「認定医」が担当しています。
確かな技術こそが、患者さまの安心につながると信じて、日々研鑽に努めています。

2009年4月 5日

目指しているのは、通いたくなる歯医者さん

目指しているのは、通いたくなる歯医者さん
当院の待合室は、小さなお子さまから高齢者の方まで、予約時間より少し早く来たり、
治療後もくつろいでいらしたりと、いつも和やかな雰囲気で満たされています。
「ちょっと前を通りかかったもので・・・」なんていいながら、ふらっと遊びにいらっしゃる患者さんもいます。

私たちは、歯科医院独特の薬品のにおいや、無機質なひんやりとしたイメージとは真逆な、
歯医者さんでありたいと考えています。
大切にしているのは、技術力はもちろん、あたたかい雰囲気づくりです。

私たちのゴールは、単に歯を治療するだけではありません。
ココロまでピカピカにすること、これが当院のポリシーです。

待ち時間も治療もお子さまと一緒に安心して過ごせます

IKEAの椅子に、バーバパパのスリッパ、色とりどりの絵本etc・・・
機械や金属の音で、お子さまが怖がってしまいがちな歯医者ですが、
見た目にやさしいものを揃え、お子さまが安心してお過ごしいただける環境を整えています。

診療台の周りもゆったりとスペースを設けていますので、お子さまから目を離さずに
治療を受けられます。
歯医者に通うことが、ワクワクするような、楽しい医院でありたいと思っています。

待ち時間も治療もお子さまと一緒に安心して過ごせます

カウンセリングを通して、患者さまと一緒に治療計画をたてます

当院では、治療前のカウンセリングと検査をとても大切にしています。

時間がかかっても、痛みの原因や患者さまのライフスタイル、治療への希望や不安をこまかくお話することで、どんな治療ができるのか、すべての可能性を提案することができるのです。

カウンセリングを通して患者さまと一緒に治療計画をたてていますどんなに最新の治療法でもメリットとデメリットがありますから、どちらの面も正直にお話しています。

レントゲンやCTの詳しい検査、歯周病や噛み合わせの検診、カウンセリングの内容をふまえて、患者と一緒に治療計画をたてていくことが、当院の治療方針です。

医院らしくない医院、とよく言われます

医院らしくない医院とよく言われます当院は医院らしくない、とよく言われます。
本来、通うのが楽しいものではない歯科医院のはずなのに、なぜか皆様楽しんでお帰りになります。

それは待合室においてある知恵の輪や、ついつい長居して読んでしまう笑える本、あるいは明るいスタッフが理由かもしれません。
医院らしくない医院とよく言われます


当院は皆様に笑顔で通って頂きたいと思っております。
インプラント以外のことでも困ったことがあれば、ぜひ相談にいらしてください。


2009年3月29日 - 2009年4月 4日 « トップへ » 2009年4月12日 - 2009年4月18日


文字サイズ
を変更する