トップへ » インプラント治療方針 » 治療期間について » 多血小板療法で、骨の造成と傷の回復を早めます

多血小板療法で、骨の造成と傷の回復を早めます

多血小板療法で骨の造成と傷の回復を早めますインプラントの手術の際に多血小板療法(PRP)を用いて、安全確実な治療を行っています。

【多血小板療法】
血液中の血小板を高濃度に濃縮させ、骨の造成や傷の回復を早める方法です。
特に骨の造成が必要な患者さまの時には、かならずこの方法をとります。

人が怪我をしたときなどの、傷が治る過程において、止血のために血小板が傷口に集まります。
そして、血小板は数々の成長因子の放出し、自己再生を促します。

この性質を利用して、ご自身の血液から血小板の濃厚液を採取し、
手術の際に使用することで、傷の治る時間が早く確実になります。

患者さまご自身の血液が原料なので、アレルギー等の拒絶反応もなく非常に安全な治療法です。


トップへ » インプラント治療方針 » 治療期間について » 多血小板療法で、骨の造成と傷の回復を早めます


文字サイズ
を変更する